小ネタ

おはようございます。
センチュリー21スタイリッシュホームの松田です。

さて、本日はスーモジャーナルで面白い記事を見つけましたので、
ご紹介させていただきます。

トイレットペーパーのシングルとダブルはどちらがお得なのかです。

シングルとダブルの差というと真っ先に思い浮かぶのは長さだと思います。

トイレットペーパーの製造方法としては、柔軟剤を入れているみたいです!
柔軟剤を入れることにより、繊維がほぐれて柔らかくなったり、
紙と紙の間に空気層ができるので、1枚よりも2枚の方がふんわりと仕上がるみたいですね♪

また、トイレットペーパーにも裏と表があり、表面はツルツルしていて裏面はザラザラしているみたいです。

ダブルの場合は表面が外側にくるよう、それぞれの裏面同士を張り付けていますが、
シングルの場合は1枚の紙なので、表と裏の肌触りが変わってきます。

シングルよりダブルの方が短いみたいですが、しっとり感やふんわり感はダブルの方がいいみたいですね♪

それぞれにいい部分と悪い部分があるので、どちらが得というのを決めるのは難しいですが、
小さい子供がいる場合には通常の大人の培以上の消費量があるみたいなので、
小さい子供がいるときはシングルにするという方が多いみたいです♪
スタイリッシュホーム

※スーモジャーナル参照