暑い夏。熱中症対策を忘れずに!!

おはようございます。

センチュリー21スタイリッシュホームの白石です。

 

今日は日差しが少し弱めですね。

外にいると、そんなに暑さは感じませんが湿気が多い為

室内はジメジメ、ムシムシといった感じです。

 

天気が良くない時でも熱中症にはかかるので注意が必要です。

 

熱中症には段階があります。

1、軽度

・めまい、失神

「立ちくらみ」の状態。別名、熱失神。

・筋肉痛、筋肉の硬直

筋肉が「つる」状態。発汗に伴う塩分の欠乏によるもの。

・手足のしびれ、気分の不快

 

2、中度

・頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感

体がぐったりする。力が入らないなどがあり、「普段と違う」と

気付く程度のごく軽い意識障害が出ることも。

 

3、重度

【中度の症状に加えて】

・意識障害、けいれん、手足の運動障害

呼びかけへの反応がおかしい。全身がけいれんする。真っ直ぐ歩けない。

・高体温

体が熱い

・肝機能異常、腎機能障害、血液凝固障害

(血液検査により判明)

 

以上の段階にわけられるので、状況を見て対処をしていかなければなりません。中度、重度の症状が出た場合、早く対処をしないと大変なことになるケースも、、、。

熱中症はまずは予防が大切です。

・喉が渇く前にこまめに水分補給をする。(スポーツドリンクが最適)

・塩分を摂取。(塩飴、塩タブレット等)

・通気性の良い衣類や寝具を使用する。

・バランスの良い食事と、しっかり睡眠をとる。

その他にも予防方法はありますが、上記の項目をメインに予防をしていくことが

楽しい夏を安全に乗り越える方法になると思います。

 

しっかり対策して、暑い夏を乗り切りましょう!!

 

 

センチュリー21 スタイリッシュホーム

営業2課  白石 進

0120-21-5392