広い家・豪華な設備

こんにちは。

センチュリー21 スタイリッシュホーム

営業2課の宇佐美です。

 

連日お話をしていますが、非常に暑いです。

 

海水浴やプールの季節ですね。

 

以前、「プール付きの豪邸」が売り物件として販売しているという情報を見たことがあります。

私自身は実際に見にいけなかったのですが、

お庭は雑草が伸びて荒れ放題、

プールもしばらく使われておらず、表面のコーティングがはがれてしまって

ひどい状態だったようです。

 

せっかくの豪邸も手入れをしなければ幽霊屋敷のようになってしまいます。

 

プールだけでなく外壁やルーフバルコニーも同じくですが、雨の浸入を防ぐ部分に関しては、

定期的にメンテナンスが必須です。

 

建物が大きく、設備が豪華になるほどメンテナンス費用が増えていきます。

 

長期的に見れば、自分たちが少し余裕を持って住める大きさの家が良いかと思います。

不動産の売却理由で多いものとして

「子供たちが自立して出て行ったので広すぎる」

という理由で売却される方もいらっしゃいます。

昔の分譲地では、敷地50坪・建物35坪といった広い住宅街があります。

ご夫婦二人で住むのにはさすがに広すぎますよね。

 

今住んでいるところが狭いから広いところへ移りたいというのはわかりますが、

広すぎるのも考え物だと思います。