火災保険

住宅、住まいにとって切っても切れないのが火災保険になります。 
この火災保険、加入する保険期間が長く長期になればなるほど割安になるようになっております。 
一番最長は(住宅だけが特別扱いで)35年の長期契約が可能です。 

この長期契約が先日の新聞報道で10年を超える火災保険の新規契約の引き受けを来年(2015年)秋にも停止すると伝えられました。また、最大手の損害保険ジャパン日本興亜損保や三井住友海上保険などの主要社も、来年度には10年超えの新規契約をやめる方向で最終調整をしているようです。 

理由は異常気象による建物被害が増加傾向にあり、 
長期契約での収支予測が難しくなった為との事です。 
そう言われると近年の異常気象には驚きます。
hoken
現在住宅購入を検討している方は、どうせ購入するのであれば来年に長期割引が無くなる前に物件を見定めるか、建物が完成するスケジュールを提案してもらい35年長期の加入をおすすめします。 
住宅探しの踏ん切り、期間の区切りの設定をしてもらえばと思います。長期で加入出来れば今後の保険料の値上げの悪影響も受けません。
現在住宅をお持ちで、短期で加入されている方や、長期で加入しているが期間が経過されている方は、これを機に長期契約に乗換えればお得になる場合もあります。 

弊社も東京海上日動の代理店となっておりますので是非ご提案させて下さい。 
相談・提案無料です。 

火災保険担当:鈴木 剛史 0120-772-395