運動をする人は生命保険料が割引される!?

先日の新聞記事で、運動習慣のある人は40~85歳に出費する医療費が1人当たり平均153万円少なくなるというデーターを大阪大学の田倉智之教授が研究されたそうです。データーは平均週3回以上スポーツジムに通う20~82歳の79人の数値で国民平均と比べたものになります。
03
01
この結果から保険会社などと一緒に運動習慣のある人の保険料を割り引く生命保険のモデルを作り、スポーツジムの費用を補助したりする特典付生命保険の設計も可能になる見込みだそうです。 
経済産業省は健康関連市場の拡大に繋がるとして、保険会社・医療機関・スポーツジムと共にこの保険作りを支援していくそうです。私たち、住宅関連市場も健康とは無関係ではないと思いますので健康住宅建築の際には生命保険の割引なども支援してほしいですね。 

でもこの保険が実現すれば割引された分を住宅ローンに移行し、一時金を繰り上げ返済に回したり、中古物件の購入から新築物件に変わったり、都心に近付いたり、駅からバス便を検討が徒歩物件になったりと、物件の選び方も変わってくるかもしれません。生命保険は私たちの扱っている住宅ローンと密接に関係してきます。何せ住宅の次に人生で一番高い買いものは生命保険ですから、是非この保険が出来るといいですね。 まずは民間保険で3年以内にモデルを作るそうです。 

やっぱりすべてにおいて健康が一番ですね。 
健康作りを意識しましょう。