マンションのベランダでガーデニング

ガーデニング
マンションのベランダにプランターを置いて家庭菜園をしてみたり、 
季節の植物を植えて香りや花を楽しんだり…。 
色々な楽しみ方をする方がいらっしゃいますが、 
実はベランダやバルコニーは共用部分だということをご存じでしたか?
マンションのベランダやバルコニーは、火災などが発生した際に逃げられるよう、 
避難経路も兼ねて隣と繋がっています。 
目隠しのようにパーテーションで区切られてはいますが、簡単に壊せるようになっています。 
ここは共用部分とされており、廊下や階段と同じ場所という扱いなのです。 
ただ、洗濯物を干したり、植物を置いてはいけないというわけではありません。 
避難経路をふさぐような置き方はしてはいけないということです。 
最近はガーデニングをするためのスペースを作っているマンションもありますので、 
ベランダガーデニングをやりたいという方は、マンション規約を確認してみましょう。
下に水がかかるような水やりの仕方はしない、肥料のにおいに気を付ける等、周りへの配慮が必要。 
葉っぱや砂が排水溝に詰まったりしますと、近所の迷惑にもなってしまいます。 
また、自宅の階数にもよりますが、虫が湧いたり、実を付ける植物を育てている場合、 
鳥が実を食べ、フンを落としていく場合もありますので、そのあたりの対策も必要です。 
周りに気を使いながら、楽しいガーデニングライフを送りたいですね。