都市ガスとプロパンガス

プロパンガス
オール電化も普及してきましたが、まだまだ家庭には欠かせないガス。 
都市ガスとプロパンガスはどう違うのでしょうか?
都市ガスはメタンガスを主成分とする天然ガス、プロパンガスはプロパン・ブタンを主成分とする液化石油ガスです。 
どちらも主に海外から輸入しており、無色無臭です。「ガスの匂いを嗅いだことがあるよ」という方もおられると 
思いますが、これはガス漏れの時に気づくように匂いを付けているからです。
日本全国で見ると、普及率はおおよそ半々となっています。供給方法としては、プロパンガスが液体にしやすいため、 
ボンベに入れて運搬するのに対し、都市ガスは液体にしづらいため、地面に埋め込まれたガスの導管を使って 
供給されています。
まず金額ですが、そもそもプロパンガスと都市ガスでは発熱量が違うため、日々の使用用途や使用料によって変わって 
きます。それぞれの公式サイトでどのくらい使うか、どのように使うかを考え、確認してみましょう。 


その他の特徴として、火力では都市ガスよりもプロパンガスの方が熱効率が良く、約2倍と言われています。 
また、供給方法が単純なため、地中の配管が必要な都市ガスより、災害時の復旧もプロパンガスの方が早いです。 
初期投資額はプロパンガスは会社によって違うため、担当地域の会社と都市ガスを比べてみるといいでしょう。