行政サービスを調べる

ハンコ
住宅を購入するとき、同じ行政エリアに購入するとは限りません。 
隣の市に購入するということはもちろんあり得るお話です。 
自分が住む所は、どんな行政サービスが充実しているのか。 
それを知ることはとても重要です。
公共料金、育児・教育、医療、福祉が重要と言えるでしょう。 
水道代のようなものはそこまで差はあるものではありませんが、例えばゴミの処理。 
有料のゴミ袋を購入し、門前に置いておけば回収してくれるところや、 
無料ではありますが、指定の場所に持って行かなくてはいけないところもあります。 
生活の中でゴミは必ず出るものですから、毎回袋を購入すれば、バカにできない費用になりますよね。 
しかし、ゴミステーションが遠くにあり、歩くのがつらいような方は門前に置けば 
いいような場合の方が利点になる場合もあります。

育児・教育に関しては、やはり助成金の確認。 
場所によっては、ベビーカーの貸出、紙おむつの支給があるところも。 
また、住宅購入を検討している場所の近くの幼稚園、保育園や学校の位置を見ておきましょう。 
近い学校に通えるとは限りません。道路一本で学区が違う場合もありますので、 
しっかり確認しましょう。 
細かいところでは、給食がいつまであるか、というようなことも調べておくといいかもしれません。 
毎朝お弁当を用意しなくていいということは、かなりの負担軽減になります。 

医療・福祉も生活には欠かせませんよね。 
自分が病気になったとき、老後にどういうサービスを受けられるのか。 

これらは必ず市役所のホームページで、最新の情報であることを確認しましょう。 
また、分からないことは電話で問い合わせましょう。しっかり調べるのが大事です。