一戸建とマンション

住宅
お住まいを探すというのは、人生の中での一大イベント。 
今回は、一戸建てとマンション、それぞれの特徴を書きだしてみました。 
それぞれのメリット・デメリットを比べてみましょう。 
マンションに関しては、それぞれのマンションごとの規約等がありますので、 
管理を管理会社に任せている一般的なマンションとして考えていきます。
・土地建物を所有でき、建物の価値が減価償却で無くなっても土地の価値は残ります。 
・マンションのように上階や隣人の音が気になることがありません。 
・改築・増築ができます。マンションではまず難しいでしょう。 
・駐車場代がかかりません。月の支払いとして考えると、大きな差になってきます。 
・管理費・修繕積立金がかかりません。ただし、家屋のメンテナンスは自分で行わなくてはなりません。 
・建替えができますし、購入時に注文住宅にするのであれば、好きな間取で建築ができます。
・立地の良い場所でも、比較的お手頃な価格で購入できます。 
・高い階数になるほど陽当たりや眺望が良くなります。 
・管理会社が管理しているので建物のメンテナンスの必要がありません。 
・共用部分は管理会社が掃除してくれます。 
・気密性が高く、エアコンやストーブの効果が高くなります。 
・ほとんどのマンションでは駐車場代がかかります。また、台数制限があるところもあります。 
・土地の持ち分が小さくなるので、税金・保険料が一戸建てよりも安くなります。 
・管理組合の役員当番が回ってくるマンションもあります。
いかがでしたでしょうか。ライフスタイルによって向き不向きはありますが、 
まずはご自身の「これはぜったい譲れない!」という条件と照らし合わせてみると、 
どちらの方がより良い選択になるか、検討できるのではないでしょうか。