家のカギ選び

カギ
防犯の要の1つとして重要なのが、カギ。 
自分の家のカギがどういうものなのか、防犯能力はどのくらいなのか。 
一度確認してみましょう。
70a499f413e89b48164bf1ce8c88a684_s
一番多いカギがディスクシリンダー。 
ごく一般的なカギを想像していただければ良いかと思います。 
こちらは安価ではあるものの、その分防犯性能も低く、 
ピッキング(開錠道具)を使えば簡単に開錠できます。 
素人でも数時間程度練習すれば開けられるようになるレベルで、 
お勧めできないカギです。早めに交換した方がいいでしょう。

また、ピンシリンダーもカギの溝が浅いものや、山が少ないものは危険と言えます。 
逆に溝が深く、山が多いほど安全性は高まります。 
ディンプルキーは、より高度になったピンシリンダーで、 
防犯性能は高いと言えます。
また、合鍵を作りづらいというのも特徴。 

その他、ロータリーシリンダーというものもあります。 
普通のカギは縦ですが、横向きなのが特徴。 
こちらも防犯性能は高いのですが、合鍵が作りやすいのが難点。 

少し毛色が違うのがマグネットシリンダー。 
普通のシリンダーはカギの山を使って開錠しますが、 
こちらは磁力を使ってカギを開けるため、ピッキングでは開錠できません。 
しかし、長年使っていると、磁力が弱まり使用できなくなる可能性も…。 

いかがでしょうか。このほかにも、ピッキングしづらくするオプションアイテムや、 
単純に鍵を2つ付ける等の方法もありますので、ご予算や防犯性との兼ね合いで考えてみましょう。
余談にはなりますが、ドアのカギだけを強化すればいいというわけではありません。 
ドア以外にも侵入経路はあります。一度、家の周りをしっかり見てみるといいでしょう。 
また、当たり前ではありますが、施錠はしっかりし、植木鉢の下にカギを隠しておくようなことは 
やめましょう。 
防犯上不安が残る部分には、ホームセキュリティというのも一つの手ですね。 
家全体をカバーせずに、一部だけを監視するようなものもあるそうなので、 
導入を考えてみるのもいいかもしれません。