打ちっぱなしコンクリートのメリット・デメリット

打ちっぱなしコンクリート
映画やドラマに出てきそうなスタイリッシュな内外装の、打ちっぱなしコンクリート。 
見た目が格好いいのは大きなメリットですが、果たしてどういうデメリットがあるのでしょうか?
・デザイン性が高いスタイリッシュなデザイン。 
・内装の壁等の厚みがない為、空間を通常よりも広く使うことができる。
・コンクリートは燃えないので、単純に防火性が高い。 
・音を通しづらい材質なので、シアタールームや楽器を使う部屋に向いている。
・熱伝導率が高いので、夏は暑く、冬は寒くなり、冷暖房費がかかる。 
・コンクリートの防水性能が低いため、結露・カビ・ひび割れ等が発生する。 
・上記の理由による、家具・家電・衣類への被害。 
・手入れに手間がかかる。また、補修による金銭的な負担も。
いかがでしょうか。 
メリットは大きいですが、デメリットも決して小さくはありません。 
内外装共に、こだわり、予算、生活スタイルと合わせてじっくり考えた方が良いでしょう。 
また、打ちっぱなしコンクリート風の壁紙もありますので、そういったものを 
検討してみるという方法もあります。 
スタイリッシュホームでは内装のご相談も承っておりますので、お気軽にご相談下さい。